南北道路開通記念式典
2017.04.23

 
 4月22日午前11時から 相模原駅北口 ロータリー北側にて南北道路の開通記念式典が行われました。

 在日米陸軍相模総合補給廠の返還地約2ヘクタールを利用し、町田街道小山郵便局からJR相模原駅北口を結ぶ約900メートルの南北道路が22日に開通し、記念式典が行われました。暫定利用のため車は駅南口や駅北口ロータリーに進入できずUターンが必要なものの、戦後、旧陸軍相模造兵廠とともに米軍に接収され、68年の時を経て市民が利用可能になりました。

 宮下自治会の1A区・1D区、丸山自治会にお住まいの方は最大1.2Kmも駅への道が短縮されたことになります。

  同日午後2時からの開通に先立ち、地元選出の国会議員をはじめ、関係者約100人が出席した式典で加山俊夫市長は「この道路の開通は、今後さらなるまちづくりを進める上で大きな一歩になる」と述べられました。

 小山地区自治会連合会の石井会長は祝辞の中で、「この返還地は1949年の接収前まで約100軒の農家が麦やサツマイモなどを育て、蚕を飼って生活していた。そんな尊い場所が金網の目の前にあるのに、どうして日本に返還されないのかと、つらい時代を過ごした多くの先輩たちは、いま何を考え、何を思っているのでしょうか」と述べられましたが、その当時を知らない住民のほうが圧倒的に多くなっています。そんな住民にとっても補給廠の返還や道路の開通は長年の夢でありましたので、この道路の開通は相模原駅北側に住む住民にとって街が変わっていく第1歩として大いに期待するところです。

 南北道路に続き、「向陽小学校東」交差点から約600メートルにわたる東西道路が今秋完成する予定です。東西道路が開通すればさらに利便性が向上すると思われます。

 小山地区自治会連合会や小山地区まちづくり会議では、今後とも、返還地の利用や街づくりの推進に小山地区住民の意見を積極的に申し入れをしていきたいと思います。


   

     

2017.04.23 13:07 | 固定リンク | 相模原市関連
いよいよ始まった南北道路工事
2016.12.23
相模原市都市建設局からの回覧通知が昨日届き、相模総合補給廠返還交渉地の東側、相模更生病院前の道路を北へ延長し、小山郵便局交差点へ向かう「南北道路」の開通が本格化しました。宮下本町1丁目側の道路を先ほど通ってきましたが、既に業者が働いており草刈りをしていました。
予定では平成29年3月下旬に工事が終わるとなっていますので今度は期待できそうです。
2016.12.23 10:38 | 固定リンク | 相模原市関連
PAGE TOP ▲

- CafeNote -